世界に一つだけの暮らしを低コストで。 初めて家を買うみなさんに新しい選択肢を届けたい。

株式会社一歩
代表取締役 佐藤 竜也 様
横浜を拠点として、ワンストップリノベーション事業を行う株式会社一歩。777house(スリーセブンハウス)と呼ばれる独自のリノベーションパッケージプランで、明快な金額設定での理想の住まいの実現を叶えています。今回は代表を務める佐藤さんに、一歩創業への想いや777houseについて詳しく伺いました。
藤井さん インタビュアーの藤井です。 よろしくお願いします。
目次
「中古物件 + リノベーション」で、価格を抑えたオンリーワンを叶えたい
無垢材を使用して、おしゃれで快適に。お客様に喜ばれるのは前代未聞の定額フリープラン。
次の目標は、新しい選択肢「ワンストップリノベーション」を多くの人に届けること

 「中古物件 + リノベーション」で、価格を抑えたオンリーワンを叶えたい 

藤井さん

一歩さんには”ワンストップリノベーション”をお願いできるとのことですが、ワンストップリノベーションとはどういったものなのでしょうか?

物件探しからリノベーション後の引き渡しまで、一つの会社で行うことです。通常では物件探しは不動産仲介会社さんに、リノベーションの企画や施工はリノベーション会社さんにと別々にお願いする必要がありますがそれを一つの会社でやりきることができます。

藤井さん

なるほど、一つの会社に全てお願いできるとなると要望も伝えやすくスムーズに進められそうです。

では、佐藤さんはどういったきっかけで「株式会社一歩」をご創業されたのですか?

画一的な新築物件が並ぶ中で、家に人が合わせるのではなく「人に家を合わせて作っちゃおう」と思ったからですね。しかもそれを費用をかけすぎずに実現したかったので、注文住宅ではなく中古物件&リノベーションという形が最適だったんです。

創業する前は不動産の売買仲介の仕事をしていたのですが、当時は日本経済が新築至上主義だったので新築戸建てを多く販売していました。初めて物件の購入を検討される30代前半の方をお客様とすることが多かったです。次第に、新築の物件を買うことが当たり前の時代になると、若い方でも新築を買えるようにパワービルダーが大量生産をして物件の価格を下げるようになっていきました。

藤井さん

同じ材料でたくさんの家を作るということでしょうか?

材料もそうですが、前提となる間取りから全く同じで、左右前後に反転させたものが並ぶことが当たり前でした。なので物件を探しにきたお客様は初めこそワクワクするものの、何件見ても中身は同じ家なので感動が薄れていくし、売る側としては販売図面を見るだけで家のデザインや仕様が分かるくらい同じものが販売されていましたね。

でもそれに少し違和感を感じていたんです。食べるものも着るものも十人十色で好みがあるのに、家はみんな同じだなんて少し変だなって。

35年のローンを組んで買うものなんだから、家だってその人の趣味や価値観にあったものがあったっていいんじゃないかと思うようになりました。

藤井さん

そこでオンリーワンのリノベーションにご興味を持たれたんですね。

そうなんです。でも、オンリーワンの家になったとしても金額が跳ね上がり過ぎてしまうと、私がお手伝いをしたい”初めて物件を購入される若いお客様”には手が届かなくなってしまうんですよ。

なので新築よりも価格の落ちた中古物件を活用して、それに思いっきりリノベーションを施すことでトータルの価格は新築物件より安くかつ自分の好みの家を手に入れることが実現できると思い、思い切って創業したんです。

 無垢材を使用して、おしゃれで快適に。お客様に喜ばれるのは前代未聞の定額フリープラン。

藤井さん

オンリーワンの暮らしを実現する上で、こだわりのポイントはどこになりますか?

まず一つは「無垢材を使用すること」ですね。

一歩のリノベーションでは基本的に丸太からそのまま切り出した無垢材を使用します。一般的なフローリングは中身がベニヤ板になっていて、張り合わせることで強度をだし、表面に木目調のビニールシートを貼っています。これだと安価ですし、加工も手入れも楽になります。

それに対して、生の木である無垢材を使うと木は自然の調湿作用を発揮してくれます。冬は湿気を吐いて痩せますし、夏は湿気を吸って膨らみます。実際に床材として使用していると目に見えるくらい隙間ができるんですよ。

無垢材を使うと、汗をかいてもベタベタしないし冬は部屋の空気を温めれば木自体も暖かくなります。自然な調湿作用であったり、人の肌がふれる所の快適を感じることができるんです。

うちにお問い合わせをいただくお客様も初めは無垢材のことなんて全く知らないのですが、ショールームなどで実際に見て、触れていただくと9割以上のお客さんは無垢材を選ばれていますね。

無垢材と一括りにいっても木によって様々な特徴があります。針葉樹と広葉樹どちらを使うかによっても、手入れや使用感が変わってくるので一つ一つ見ながら好みの一枚を選んでもらいます。

藤井さん

木材一つでこんなにも奥が深いとは思いませんでした。自分の好きなものが選べると思うとワクワクしてきます!!

一歩で無垢材を使用しているのも私が無垢材に一目惚れをしたことがきっかけなんです。人間も生き物なので、電化製品に頼りすぎず自然の力で快適になることができる点がオススメのポイントです。

一歩では、777HOUSE(スリーセブンハウス)というパッケージプランを設けています。といっても一般的によく見る、決められたパターンの中から選ぶだけのセレクト型ではありません。 777HOUSEでは完全に自由に間取りを決めることができ、価格は50平米~99平米まで10平米を単位として定額を設けています。

創業当時はパッケージプランを作らずにゼロから打ち合わせをしていたのですが、打ち合わせが盛り上がるにつれて予算をオーバーしてしまうことが多々ありました。そうなると、夢を叶えるための楽しい打ち合わせから一転して、どの部分の予算を削減するかを話し合うつまらない打ち合わせをする必要が出てきてしまうんです。それが嫌で、フリープランかつ定額制という777HOUSEを始めたんです。

藤井さん

なぜここまで低価格で行なっていただけるんでしょうか?

現在一歩では、出来るだけ少数精鋭主義で頑張っています。従業員を増やせば増やすほど、その分お客様から利益を取らなければいけなくなってしまうので低価格を実現できなくなってしまうんです。また、一歩では不動産の仲介手数料と建築の費用とを合わせた1社分の利益が取れればいいので、この価格が叶えられています。

費用をかければオンリーワンの家を作ってくれる会社は世の中にたくさんあります。でも私は、売買仲介の仕事をしていた時からお手伝いしていた30代前半の若い世代の皆さんに「この予算でこんないい家が作れるんですよ」というものを提供したかったんです。

 次の目標は、新しい選択肢「ワンストップリノベーション」を多くの人に届けること

藤井さん 今後、目指している姿などはございますか?

家探しの選択肢を増やしてもらうために、「ワンストップリノベーション」をもっと広めていきたいと思っています。自分では今の仕事を不動産屋さんでも建築屋さんでもなく、ワンストップ屋さんという第3の道を作っている意識でやっています。

初めて家を買うお客様は、始めに物件のポータルサイトを見ることが多いと思います。そうすると、不動産ってこういうものなんだと漠然と思い込んでしまい、その中から条件に合うものを探してしまいますよね。

でもワンストップリノベーションの認知がもっと広まって行けば、家探しの選択肢として初めから中古を買って、リノベーションするという新しい道が提供できると思うんです。

不動産屋さんと建築屋さんのいいとこ取りができて、フリーな状態でお客様の要望に合わせていける会社があることを知ってもらえるように頑張っていきたいです。

株式会社一歩
住所

神奈川県横浜市西区北幸2-4-5コウノビル7F

アクセス 「横浜駅」西口 徒歩7分
会社HP http://www.ippo-r.com/
得意なエリア 横浜市
お問い合わせはこちら
☎︎ 0120-80-6626
営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休日)