緑で溢れる店舗でお客様をおもてなし。
大手に負けない売却サポートで選ばれる不動産会社へ。

Century21

株式会社東京ハウジング

代表取締役 福島 孝人 様

練馬区を拠点として、売買仲介業を行う株式会社東京ハウジング。「清潔感があり落ち着く空間を店舗で、来店してくださるお客様をしっかりとおもてなししたいんです。」とお話しする代表の福島さんに、東京ハウジングの魅力をお伺いしました。

藤井さん インタビュアーの藤井です。
よろしくお願いします。
目次

魅せ方にこだわり、さまざまな手法で高値での売却をサポート

幾多ものセンチュリオン受賞! 秘訣はノンストレスなコミュニケーション

店舗のコンセプトは“ラグジュアリー” 高額取引だからこそ、安心安全な空間を

 魅せ方にこだわり、さまざまな手法で高値での売却をサポート

藤井さん

東京ハウジングさんでは売買仲介業を主軸とされているとのことですが、その中でも力を入れてらっしゃる部分はございますか?

ここ数年は不動産売却のサポートに注力しています。仲介として買主様を探すことに加えて、自社での物件買取を行う場合もあります。不動産を売却される際は「なるべく高く売りたい」と思われる方が多いので、物件を納得のいく価格で売却するための様々な選択肢をご提案させていただいています。

藤井さん

納得のいく価格、というとどのようなご提案をしてもらえるのでしょうか?

例えば、室内の先行リフォームをオススメすることがありますね。お部屋を綺麗な状態にしてから売却に出すと当初の査定価格よりは、高値で売却できることが多いです。

リフォーム費用は物件を売却した後のお支払いで構いませんので、お客様も金銭的な負担を感じることなく先行リフォームを行うことができます。

藤井さん

リフォーム済み物件として販売するんですね! 確かに綺麗なお部屋の方が目に留まる人が多そうです。

もともと室内が綺麗なお部屋の場合は、ホームステージングを行うこともあります。おしゃれな家具などを部屋に入れて室内写真を撮ったり、オープンルームを行います。

物件の見栄えが大きく変わるので、こちらもオススメですね。仲介手数料の値引きを行わない代わりに、ホームステージングにかかる費用は弊社で負担させていただくケースも多いです。

藤井さん

物件の魅せ方にしっかりとこだわっていただけるんですね。

そうですね、ポータルサイトに売り物件を掲載する際も、室内写真の撮り方や物件の特徴をどのような言葉で表すかなど、しっかりと作り込みます。

売主さんはなるべく高値での売却を希望しますが、買主さんはなるべく安値での購入を希望します。不動産売買ではここに利益相反が生じるのですが、やはり良い物件であれば高値でもご購入いただけるんです。

そのため訴求力の高い物件に仕上げていくことが重要だと考えています。

 幾多ものセンチュリオン受賞! 秘訣はノンストレスなコミュニケーション

藤井さん

東京ハウジングの営業担当者はどのような方がいらっしゃるのですか?

現在(※ 20204月)社員数は23名で、営業系スタッフは10名おります。

大手不動産会社から移ってきたベテラン営業マンからフレッシュな若手社員まで幅広い年代が揃っています。

大手不動産会社と比べると広告掲載や集客手法など自由に仕事をすることができるので、キャリアアップの一つの選択肢としてうちを選んでくれているようです。

藤井さん

センチュリー21加盟店内の売上表彰でも多数の好成績を残されていらっしゃると思うのですが、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

ありがたいことに店舗売上の表彰に加えて、営業担当者個人の成績でも表彰を受けている者が何人もいます。売上で好成績が残せるということは、多くのお客様に選んでもらうことができている証なので誇らしく思っています。

お客様に選んでもらうためには、「ストレスを感じさせないコミュニケーションが取れること」が一番大切だと感じています。

希望条件に的外れな物件を立て続けに紹介されたり、寄り添って話を聞いてくれない営業担当者だと、お客様は居心地の悪さを感じてしまいますよね。なので、話を聞いて共感できることが不動産営業の最低限のスタートラインだと思っています。

藤井さん

確かに一方的な押し売りをされてしまうと、購入意欲も半減してしまいそうです

お客様にいかに気負いさせずに、希望に合う物件が見つかるまでご提案できるかどうかも営業スキルの一環ですからね。

内見した部屋がお客様に合わなかった場合、「ちょっと近くの物件も内見のご用意をしているので帰り道に寄ってみませんか?」なんてご提案ができればお客様も気持ち良くお部屋をみていただくことができますよね。

お客様のお気持ちを先読みしながらも、自然なコミュニケーションを取ることが安心を感じてもらうための第一歩なんです。

 店舗のコンセプトは“ラグジュアリー”高額取引だからこそ、

安心安全な空間を

藤井さん

カフェのような広々とした店舗にとても驚いたのですが、こちらも福島さんのこだわりなのでしょうか?

そうなんです。実はこの店舗元々はスケルトンの物件で、「ちょっと普通の不動産屋さんとは違うな」という印象をお客様に持ってもらいたくてこのような作りにしました。

かなり費用はかけましたが、店舗でお客様をおもてなしするためにはラグジュアリーな雰囲気を出したかったんです。

住宅という高額な売買取引をする場になるので、雑然とした店舗だけは避けたいと思っていました。無駄な空間のように思えますが、他社との差別化の一つの要因になるといいなと期待しています。

藤井さん

受付や、会議室に観葉植物が多く置かれていてフレッシュな印象を受けました!

この観葉植物も全て生花なんです。定期的にメンテナンスしてもらって、いきいきとした空間を保っています。

藤井さん

細部までこだわりが詰まっている店舗だからこそ、お客様も気持ちよく来店することができるんですね。

そうだと嬉しいです。ただ、不動産仲介会社の店舗がいかに綺麗で大きいかというのは、売買を検討されているお客様が一番に求めている部分ではないことは自覚しています。笑

最終的にお客様に選んでもらうことのできる不動産会社、営業担当であるためには「営業力」「プレゼンテーション力」「店舗のおもてなし」が揃っていることが重要です。

だからこそうちの社員にはプロとして「自分だからこそできる仕事」をして欲しいと思っています。様々な武器を身につけながら、常に高みを目指すことのできる人と今後も仕事をしたいですね。

藤井さん

今後、会社として目指している姿などはございますか?

まずは人員拡充を行い、より大規模な営業組織へと進化させたいですね。

そのほうが自然と社員同士の競争が生まれ、優秀な社員が育ちやすくなるんです。営業担当者を増員して、より多くのお客様に満足のいく不動産売買をお届けしていきたいと思っています。

株式会社東京ハウジング

住所

東京都練馬区練馬1-4-1  ユニティフォーラムII 5F

アクセス 「練馬駅」中央口  徒歩1分
会社HP http://www.c21-tokyo-h.co.jp/
得意なエリア 練馬区・板橋区・豊島区・文京区・北区・中野区・新宿区・世田谷区

お問い合わせはこちら

☎︎ 0120-420-021

営業時間:9:00〜20:00 (火曜・水曜定休日)