2000人以上のお客様と関わってきた実績。
丁寧な条件整理で家探しをサポート。

株式会社イノヴィス

代表取締役 塚本 賢也 様

桜木町駅を拠点として、居住用の不動産売買仲介業を行う株式会社イノヴィス。カーディーラー、投資用不動産の販売など様々な業界で多くのお客様からの信頼を獲得してきた代表の塚本さんにお話を伺いました。

藤井さん インタビュアーの藤井です。
よろしくお願いします。
目次

全国のお客様の信頼を獲得。多くの人脈により幅広い提案が可能に

お客様の要望は聞き倒す! カーディーラー時代の教えを生かして、要望に沿った提案を実現 

オールマイティーな不動産会社を目指して、新たな目標は「低価格帯物件のリノベーション」

 全国のお客様の信頼を獲得。多くの人脈により幅広い提案が可能に

藤井さん

2019年にイノヴィスをご創業されたということですが、どのようなきっかけがあったのでしょうか?

実は創業する前に勤めていた会社が事業方針の変更により不動産業を辞めることになってしまって、そのタイミングで独立してイノヴィスを創業しました。前職の会社内で行なっていた福祉の事業に誘われてはいたのですが、どうしても不動産業から離れたくなかったので、自分で始めることに決めました。

今までに物件を仲介させていただいたお客様への責任もありますし、お客様との絆を断ち切りたくなかったんです。

藤井さん

ご創業される前に携わられていた売買仲介業ではどのようなお仕事をされていたのですか?

イノヴィスでは実際に居住するための物件を仲介していますが、前職では投資用の物件を仲介することが多かったですね。物件探しのサポートをさせていただいたお客様は全国で2400名ほどいらっしゃると思います。

藤井さん

2400名ですか?!かなり多くのお客様のサポートをされてきたんですね。

オフィスが関内にあったのでもちろん関東のお客様が多いですが、北海道から九州まで様々なお客様にご相談をいただきましたね。その中で多くの管理会社、コンサルタント、弁護士やデザイナーの方との繋がりができたことが今でもすごく活きているのでとても良い経験をさせてもらったと感じています。

投資用の物件では、購入した後にリノベーションを施すことも多くあります。他にはない形で部屋を綺麗な状態にしたかったり、内装にこだわってその地域に住む人の属性にあった部屋にしたいと思うオーナーさんが多くいらっしゃったので「内装」「外装」「デザイン」「集客」において、様々な業者さんとのお付き合いがありました。

今ではその繋がりのおかげで、居住用としてリノベーションを考えられているお客様に対しては選択肢の多いご提案ができています。

藤井さん

投資用物件の仲介業を行なっていたからこそのお繋がりがあるんですね。他にも今までのご経験が活きるイノヴィスの強みは何かあるのでしょうか?

住宅ローン審査の申請には自信がありますね。投資用物件を扱っていた際に、サービサー対応や銀行との直接交渉を行なっていたこともありまして、様々な案件や事案を経験してきました。なので銀行事情には詳しく、住宅ローン審査が通りづらいお客様を審査に通す術を持っていると自負しています!

藤井さん

住宅ローンの審査に苦労されるお客様も多いのでしょうか?

住宅ローンの審査の際には、「信用情報」という今までのクレジットやローンの取引記録が残されているデータが参照されます。携帯電話料金の支払い遅延などでも記録が残り、審査に影響してきてしまうのですが、みなさんあまり覚えていないことが多いんです。なので、「気づかない内に信用情報が傷ついていて、住宅ローンの審査が通らなかった」なんていうお客様は少なくありません。

藤井さん

なるほど。事前に確認し、対策することが重要なんですね。

 お客様の要望は聞き倒す! カーディーラー時代の教えを生かして、要望に沿った提案を実現 

藤井さん

「イノヴィス」の社名の由来をお伺いしてもよろしいでしょうか?

これは innovation(イノベーション)vista(ビスタ)を掛け合わせて作った造語です。革新を起こして、将来を見据えようという想いを込めて命名しました。

不動産業界全体としては少し古いスタイルの会社も多いので、令和の不動産会社として新しい提案や発信を行なっていきたいと思っています。ひいては不動産業界にイノベーションを起こしたいですね。

藤井さん

時代に沿った変化を起こしていきたいとお考えなんですね。では、“イノヴィス”を実現されるためにお力を入れられているポイントはありますか?

一番大切なことはお客様に何をご提案するかだと思っています。なので私は、ご提案の前段階のお客様とのお打ち合わせに特に力を入れています。どんな要望であろうとまずはしっかりとお伺いします。

そのご希望が可能か可能でないかは私が決めることではなく、市場に出てきた物件によるものなので私の一意見で判断することはしません。

藤井さん

以前からお客様の要望のヒアリングには注力されていたのですか?

実はこの接客スタイルは、不動産業に着くまえに働いていたカーディーラーの仕事の際に身につけたものなんです。カーディーラー時代は、900名いる営業社員の中でトップ3に入る成績を出し続けていたこともあったんですよ(笑)

その際に強く教わっていたのが「自分の感情を入れてお客様の話を聞いてはいけない」ということでした。これは、お客様の希望に一番沿うものをご提案するためには必要な第一歩なんです。

こっちの方が流行ってるからとか、人気があるからとか自分の色眼鏡を通してご提案してしまうとただの自己満足になってしまいますからね。

車も家も高額な買い物であることには変わりないので、今でもこの教えには忠実に従っています。

藤井さん

具体的にはどのようなお打ち合わせをされるんでしょうか?

具体的には、今までにお問い合わせした他の物件の資料などを見せてもらい、その物件に順位をつけてもらうんです。そこから、一番の物件と今回の物件では何が劣っていると感じているのかをお話してもらいます。一番の物件でも現状買わないということは何か理由があるので、その部分がクリアになるまでゆっくりお打ち合わせをしています。

藤井さん

一緒に要望を整理してくれるとなると、物件を探し始めたばかりのお客様でも安心して相談ができそうです。

 オールマイティーな不動産会社を目指して、新たな目標は「低価格帯物件のリノベーション」

藤井さん

今後、どのような姿を目指していらっしゃいますか?

最終的にはオールマイティーな不動産屋さんになりたいと思っています。居住用・投資用の売買仲介に加えて、売主としての物件の販売や賃貸仲介も行えるようになりたいです。相続時の不動産対策についてもアドバイスができるような役割でありたいです。

自分が手を出せるところにはどんどん手を伸ばしていって、お客様へのご提案の幅を広げていきたいですね。

藤井さん

複数の事業展開、というところも視野に入れてらっしゃるんですね。

そうですね、積極的に新しいことにはチャレンジしていきたいと思っています。今一番興味のある領域は「低価格帯物件のリノベーション」です。室内を現代的にリノベーションし、かつ1000万円前後の低価格で販売したいと思っています。お金をかけたリノベーション物件は既に多くの会社さんが作られていらっしゃるので、差別化の意味も込めて、低価格なリノベーション物件の販売を試みたいです。

横浜エリアに限らず、都心の物件価格の高騰がみられているためなかなか本来希望していたエリアに住めない方も多いのではないでしょうか。所得が低いからといって諦めてしまっている方にも、資産を持って頂く喜び、楽しみを共有したいと思っています。

そのような方々にもご提案の幅が広がるような物件を自社で作れるよう、会社として大きくなっていきたいです。

株式会社イノヴィス

住所

神奈川県横浜市中区花咲町2-81
5北川ビル503

アクセス

JR京浜東北線 「桜木町駅」 徒歩3分

会社HP https://www.innovis.co.jp/
得意なエリア   横浜市
お問い合わせはこちら

☎︎ 045-315-6585

営業時間:10:00〜18:00 (水曜・隔週火曜定休日)